コンテントヘッダー

8月号

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
web拍手 by FC2
コンテントヘッダー

京都レポ(西/本/願/寺編)

京都レポの続き、最終です。

大宮通をひたすら南下。
20分ほど歩いて
西/本/願/寺の案内板を発見!
と同時に島/原/大/門の案内板も発見。
が、今回は残念ながら見送りました。
西/本/願/寺に到着〜と思いきや、
どこから入るのかわからない!
本/願/寺の門らしきものがあるんですが、
(後で調べたら大/玄/関/門でした)
堅く閉ざされてまして、隣に幼稚園が
ありました。そこですぐ聞けばいいものを
自分で探そうとして迷子に・・・(ーー;)
どうやら、北小路通から堀川通に出て、
左に曲がるところを右に曲がってしまい、
龍〇大と興/正/寺の周りをグルグル
回ってたようです。グルグルして
また戻ってきた幼稚園の守衛さんに
聞いたら、ここから入っていいですよと
すんなり入れてくれました。
迷ったら聞く。旅の基本ですね・・・

で、出てきたところからパチリ。
第一声は「広っ!!」
西本願寺1
↑御/影/堂/門が見えました。
普通はあそこから入るんですね・・・
西本願寺12 西本願寺10
↑左:御/影/堂/門 右:阿/弥/陀/堂/門
西本願寺2 西本願寺3
↑左:御/影/堂 右:阿/弥/陀/堂
(恐らくそのはず。逆だったらごめんなさい)
とにかくその大きさに驚きます。
お堂の中にも入りまして、
独特の静寂さに気持ちが落ち着きました。

太/鼓/楼をすっかり忘れてまして(おいっ)
境内の地図で確認し、発見。
西本願寺8 西本願寺13
↑左:中から(暗いな) 右:外からパチリ
思ってたより小さかったです。
どの辺に北集会所があったのかもよくわからず・・
ちゃんと下調べして行かないとダメですね。
時間があるからといって急遽行くことにして、
失敗でした・・・(>_<)迷子になったせいで
時間も体力も余裕がなくなり、
少ししか見られず、もったいなかったです。
まだまだ見るところはあったので、
西/本/願/寺はリベンジしたいと思います。

そして帰りも駅を目指して
七条通をひたすら東へ。
途中で油小路の現場をスルーしてたことに
気付き、大ショック!
ごめんよ、かっしー、また来るよ・・・(;_;)

↑七条通から見えた京/都/タ/ワー
さようなら、京都・・・
滞在時間およそ3時間。よく歩きました・・・
次の日から2日間、股関節、ガクガクでした(笑)

では、沖田先生より一言。
kyouto2
はい、次はきちんと調べてから行きます。
ちなみに西/本/願/寺引っ越し時の沖田先生。
構図そのまま描きました。

拙いレポでしたが、最後まで読んでくださり、
ありがとうございました!
また機会を作って、
京都巡りしたいと思います。
次は二/条/城だ!

・・・金曜日には本誌ですね・・・
続きが気になる気になる気になる・・・

web拍手 by FC2
コンテントヘッダー

京都レポ(八/木/邸編)

こんばんは。
京都レポの続きです。
壬生寺を出て、すぐ横の八木邸へ・・・
八木邸2 八木邸1
↑右手前のお土産屋さんで見学の受付。
見学料は、ガイドさんの説明と
お茶とお茶うけで1000円です。
八木邸4
↑念願の八木邸!
もうね、終始ニヤけっぱなしですよ。

奥へ進み、座敷に上がり、ガイドさんを
待ちながら部屋を一回り。
芹沢鴨の部屋。暗殺された場所です。
思ったより天井も低くて狭いなと感じました。
そしてガイドさんが来られたのですが、
ちょうど私と入れ替わりに女性の二人組が
出ていかれたばかりでして、
ここでも私一人きりだったんです。
ほんとに人いないんですよ~(^_^;)
で、ガイドさんと向い合って座りまして、
いや~マンツーマンですねぇ・・
なんて、二人で照れ笑いしてました。
kyoutoa
↑撮影禁止で写真がないのでイラスト。
私とガイドさんの照れてる姿を
描いてもあれなので、沖セイで。

しばらく待ってても誰も来ないので、
説明が始まりました。
試衛館メンバーの名前が書かれた
説明用の紙に「沖田総司」の名を発見して
一人ニヤけておりました。(また・・・)
途中で年配のご夫婦が来られまして
ちょっとホッとしました。
もちろん説明は聞く気満々ですが、
1対1って気が抜けないんですもん!
ガイドさんもホッとしたに違いない(笑)

お話の中で芹沢暗殺の説明に少し驚きました。
風~では寝ているところを一気にでしたが、
ガイドさんのお話では、
芹沢鴨は侵入に気づいて応戦し、
隣の部屋に移動した際に文机に足を取られ、
斬られてしまったとのことでした。
その攻防の時にできたのが、有名な
あの刀傷らしいです。
実際に文机と刀傷を見ると、感動しました。
本当にあったことなんですよねぇ。
とても感慨深かったです。

他にも八木家の由来や提灯の決まりなど
興味深いお話が聞けました。
20分程で説明が終わり、お土産屋さんで一服。
八木邸6
↑抹茶と屯所餅。
屯所餅には壬生菜が入っているそうです。
美味しくいただきました。

前川邸2 前川邸3
↑八木邸向かいの前川邸。
ここで試衛館メンバーが寝起きしてたんですよねぇ。
平日なので、外観だけしか見られません。
残念・・・(;_;)
光縁寺
↑光縁寺も今回は外から眺めるだけにしました。

予定より時間に余裕があったので
急遽西本願寺へ行くことにしました。
しかし、ちょっと後悔することに・・・
まだ続きます・・・

拍手ありがとうございます♪
申し訳ありませんが、今回は
レポを全部書き終わってから
お返事させていただきます〜( ´ ▽ ` )ノ
web拍手 by FC2
コンテントヘッダー

京都レポ(壬/生/寺編)

行ってきました、京都!新選組ゆかりの地!
曇り空で、過ごしやすい日でした。
電車を降り、市バスに乗る為バス停へ。
するとちょうど出発した直後のバスに遭遇。
次のバスが来るまで20分待ち・・・・
時間がもったいない~~とバス停の
ベンチで一人悶々としておりました・・・
しかも時間になってもバスが来ない!!
結局10分遅れできましたが、
まぁ、バスだししょうがないですよね。

そして無事、壬/生/寺に到着~(*^_^*)
壬生寺1
↑やっと来れた~!と感無量でした。
一人ニヤニヤしてましたよ。
壬生寺3
↑ここで沖田先生と子供たちが遊んでた姿を
想像すると、さらに顔がにやけました。
でも人がいないのでいくらにやけても
大丈夫なのです。
壬生寺2
↑壬/生/塚へ。
案内の方がとても親切な対応をして下さるので
一人でも入りやすかったです。
壬生寺7
↑前に立つと目が合いますよ。
やっと会えましたね、局長って言っちゃいました。
壬生寺9 壬生寺11
↑芹沢さんと平間さん、河合さんのお墓です。
写真撮影OKということなので
手を合わせてから撮らせていただきました。
壬生寺12
↑局長の遺髪塔です。

この後、地下の資料室も見学。
案内の方がおっしゃられた通り、
新選組関連は少しだけでしたが
せっかくですしね。撮影は禁止でした。

壬生寺21
↑沖田先生が子供たちと遊んでる時の背景だ~(*^_^*)
と壬/生/寺をあとにしました。

平日ということもあるとは思いますが、
予想以上に人が少なかったです。
修学旅行生もいましたが、一組だけ。
こんなにもマイナーなんですか・・・?
でもおかげでゆっくりのんびりと満喫できました!
壬/生/塚も一人きりだったので
じっくりと静かに新選組への思いを
馳せることができて良かったです。

次回、八/木/邸と西/本/願/寺へつづきます・・・

前回分への拍手ありがとうございました。
お返事は追記に書いております。
web拍手 by FC2

続きを読む

コンテントヘッダー

リンク先追加のお知らせ

リンク先追加のお知らせです。

桜野真那さまの「まいのりてぃぶろぐ」です。
(ここからは飛べません。メニューのリンクからどうぞ)
ふわふわっとほんわかした雰囲気に包まれた沖セイに癒されます(*^_^*)
猫一番隊が可愛くてたまりません!抱っこしたい・・・
真那さま、今後ともよろしくお願い致します~!
web拍手 by FC2
当ブログについて

runa

Author:runa
こちらは月刊flowers連載「風光る」
の非公式ファンブログです。
原作者様および出版社とは
全く関係ございません。
好きなドラマや日常的なことも
ささやきます。

★当ブログは風光る関連の
サイト様に限りリンクフリーとさせて
いただきます。連絡は不要です。
お持ち帰り用バナー:200×40

【サイト名】月と風のささやき
【管理者】runa
【アドレス】
http://
runanarugod082313.blog.fc2.com/

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

pixiv投稿分はこちら
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR